松蔭中・高美術部、『太陽の塔』への挑戦!

松蔭中高美術部が、「おおさかカンヴァス2016〜太陽の塔を振り向かせろ。」に参戦します!
「おおさかカンヴァス」とは、大阪のまちをカンヴァスに見立て、新たな魅力を創造・発信しようとする事業です。
今年、カンヴァスとなるエリアは、万博記念公園「太陽の塔」前。
全国から多数のアーティストが応募する中、なんと美術部のプランが一次、二次審査を通過し、2016年度選定作品に決定しました!
 

 圧倒的な存在、「太陽の塔」に挑戦する作戦会議(ほぼ雑談+ラクガキ)の中で、
牛山さん(高1)の発言から展開した案=空中に巨大な目・鼻・口を浮かべて福笑いをする、というプランが選ばれました。
 
  

顔パーツのデザイン案も、たくさん出ました。
明らかに、それ違いますよね?というモノもありますが、アイデア出しとはそういうもの。

もっともビビッドでわかりやすく目立つカラーリングに決定!⇒

 

◎9月17日、太陽の塔前にて現地調査。
制作に協力していただいたバルーン屋さんが、出来立ての「眼」を持ってきてくれました。
はじめて見る本物に圧倒されます。現場でのサイズ感を確認して、動き方を考えます。
 

バルーン福笑いを動かす鍵は、目・鼻・口の格好をした美術部員たち。
太陽の塔の下で、おもいっきり走ります!
  

部長の大野さん(高2)が、おおさかカンヴァスホームページに掲載されるインタビューを受けました。
 


くわしくは、おおさかカンヴァス2016公式サイトへ
http://osaka-canvas.jp/news/shoin-interview【外部サイト】

 

◎美術室でペインティング
美術部の腕のみせどころ、ペイント作業に入ります。瞳の中、虹彩の部分に放射状に模様をつけます。
 
  

堀岡さん(中3)のアイデアで虹彩の中に”水生生物”が描きこまれてゆきます。
バルーンの下から新しい水生生物出現!?
スペシャルゲスト少年K(8歳)
  
 

完成!”眼球水族館”。なんだかもの凄く見られている気がします。
完成して力尽きる部員たち。
 

もう片方の眼球は、地上の動物が映り込む”眼球ジャングル”。
ハイビスカス柄も描き込まれて華やかに仕上がりました。
  
  

 

◎まつげ装着
パイプカバーを加工して、まつげをつくりました。
ジェットコースターみたい!   
 

女子にとって、まつげは大事!
一応、「カワイイ」を目指しています。
  
  

 

◎休憩中♪
刀剣乱舞!?いえ、まつ毛パーツです。
 

!?


遊んでいる暇は、ないですよ!
  

癒しのひととき♪


はい、描く場所を間違えています。

10月22日(土)、23日(日)。29日(土)、30日(日)の本番に向けて急ピッチで作業は進みます。
  

万博記念公園、太陽の塔前にて、松蔭美術部のパフォーマンスをぜひごらんください!

後半へ続く⇒

松蔭中学校・高等学校のホームページのトップにもどる→